事業主の皆様へ

 

平成28年度両立支援等助成金

仕事と介護の両立支援の取組を進めるための

介護支援取組助成金の見直し 

 

 

 介護支援取組助成金については、仕事と介護を両立できる職場

作りをさらに進めていただくため、より一層の取組効果を上げる

ことを目指して、平成28年6月24日(金)から支給要件の一

部を見直します。

 
具体的には、以下の2点の取組が支給要件に追加されます。
 
○介護関係制度の設計・見直し
 ○働き方改革の取組


 ぜひ、これまでの取組に加えて実施し、仕事と介護を両立でき

る職場作りに取り組んでください。
 なお、これまでの支給要件である取組についても一部見直しが

あります。概要は下段をご確認ください。
 これまでの取組を活用し、新たな支給要領に基づく申請を行う

場合はこちら(介護支援取組助成金Q&A)(100KB; PDFファイル)
 

※   見直し前の支給要件に基づく支給申請は、平成28年6月22日(水)までに要

件を満たし、かつ平成28年6月23日(木)までに支給申請を行ったものまでを

受け付けます。郵送の場合は簡易書留とし、平成28年6月23日(木)の消印の

ものまでを受け付けます。

 

※ 従来の支給要件に基づく各取組については、支給申請の前日まで完了してい

る必要があることにご留意ください。

  

   都道府県労働局雇用環境・均等部(室)

 

 

介護支援取組助成金見直しの概要

 

取組内容 支給要件の変更点 
1 仕事と介護の両立に関する

  実態把握(アンケート調査)

 

「2制度設計・見直し」、「3 社内研修」より前に実施すること

(※制度設計・見直し、社内研修をより効果的に行うため)

 

2 制度設計・見直し

 

○育児・介護休業法に定める介護関係制度について、法律を上回る制度を導入すること(3、4より前に実施)。

(※育児・介護休業法に基づく制度を利用しやすく

  するため)

 

3 介護に直面する前の労働者へ

 の支援(社内研修・制度周知)

 

○実施時期:アンケート調査後

○研修時間:1時間以上

○受講者数:雇用保険被保険者の8割以上

○実施内容:研修時間内に質疑応答ができる

      こと

(※効果的な研修とするため)

4 介護に直面した労働者への支援

  (相談窓口の設置・周知)

 

○相談窓口は、氏名、電話番号、メールアドレス等で特定できること。

○相談窓口担当者は社内研修に参加すること。

(※より相談しやすい体制整備のため)

 

5 働き方改革

 

○年次有給休暇の取得促進

○時間外労働時間の削減

 について、1~4に取り組んでから

 3か月間経過後、一定水準以上の実績

 があること。

(※介護をしながら働き続けやすい環境整備のため)

 

 

※他にも要件があります。詳細な支給要件については、厚生労働省ホームページに掲載しています。

 こちらをご覧ください→厚生労働省ホームページ 「両立支援等助成金」

 

 


 

このページの記事に関するお問い合わせ

広島労働局 雇用環境・均等室

〒730-8538 広島市中区上八丁堀6-30 広島合同庁舎 2号館5階

電話:(082)221-9247  

厚生労働省バナー

マザーズハローワーク広島バナー

広島新卒応援HWバナー

わかハロバナー