各種法令・制度・手続き

Get_AcrobatReader_banner

PDF文書をご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です

次世代育成支援対策推進法が改正され、改正くるみん認定基準、プラチナくるみん認定基準が示されました!

平成26年4月16日に成立し、平成26年4月23日に公布されました。

改正の主な内容は、以下のとおりです。

 

1.次世代育成支援対策推進法の有効期限が、平成37年3月31日まで10年間延長される。

2.雇用環境の整備に関し、適切な一般事業主行動計画(次世代育成支援対策推進法第12条第1項の規定に基づく一般事業主行動計画)を策定し、実施している旨の厚生労働大臣による認定(くるみん認定)を受けた事業主のうち、特に次世代育成支援対策の実施の状況が優良なものについて、厚生労働大臣による新たな認定(特例認定)制度が創設される。特例認定を受けた場合、一般事業主行動計画の策定・届出義務に代えて、当該次世代育成支援対策の実施状況の公表が義務となる。

 

 改正次世代育成支援対策推進法の概要はこちら   

 リーフレット(次世代育成支援対策推進法が10年間延長され、新たな認定制度が創設されます!)

  パンフレット(一般事業主行動計画を策定し、くるみん認定 プラチナくるみん認定 を目指しましょう!!!)

 

 また、平成26年11月28日に「次世代育成支援対策推進法施行規則の一部を改正する省令」が公布され、平成27年4月1日から施行されました。改正省令により次世代育成支援対策推進法施行規則の一部が改正されました。

併せて、行動計画策定指針も改正されております。

 

 プラチナくるみんの公表、改正くるみん認定基準、プラチナくるみん認定基準、行動計画策定指針の概要はこちら 

 

  くるみんマークも新しくなりましたので、こちらをご覧下さい。 

 

 平成27年度税制改正で、くるみん税制が改正・延長されました。詳細はこちら 

 

  

厚生労働省バナー

マザーズハローワーク広島バナー

広島新卒応援HWバナー

わかハロバナー