ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 労働基準・労働契約関係 > 労働契約法18条(無期転換ルール)の特例定められました

                            専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法の概要    
                                ― 労働契約法第18条の特例が定められました ―

 

   有期の業務に就く高度専門的知識を有する有期雇用労働者等について、労働契約法に基づく無期転換申込権発生までの期間(※)に関する特例を設けるものです。
     (※)同一の使用者との間で有期労働契約が繰り返し更新されて通算5年を超えた場合は、労働者の申込により、無期労働契約に転換できる。
       (労働契約法第18条)

 

 主な内容

 

  1  特例の対象者
    a  「5年を超える一定の期間内に完了することが予定されている業務」に就く高度専門的知識等を有する有期 雇用労働者
    b  定年後に有期契約で継続雇用される高齢者

 

  2  特例の効果
      特例の対象者について、労働契約法に基づく無期転換申込権発生までの期間(現行5年)を延長
                   →次の期間は、無期転換申込権が発生しないこととする。


          1 a の者 : 一定の期間内に完了することが予定されている業務に就く期間(上限:10年)
          1 b の者 : 定年後引き続き雇用されている期間

 

 ※ 特例の適用に当たり、事業主は

       1 a の者について、労働者が自らの能力の維持向上を図る機会の付与等

       1 b の者について、労働者に対する配置、職務及び職場環境に関する配慮等

  の適切な雇用管理を実施し、事業主は計画を作成し認定を受ける必要があります。

 

    施行期日 平成27年4月1日
                                            広島労働局労働基準部監督課


 特別措置法の概要、認定手続き等について、3月12日(木)、19日(木)に説明会を開催します。

 

 3月12日開催の広島会場は定員に達しましたので、締め切りました。 

厚生労働省バナー

マザーズハローワーク広島バナー

広島新卒応援HWバナー

わかハロバナー